くら寿司、サイドメニューを充実させすぎて人件費を圧迫。まさかの営業利益23%減…

4pt   2017-03-20 11:30
おいしいお

03d28aaa.jpg
引用元:https://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27054084/dtlrvwlst/B109184995/

1 名前:海江田三郎 ★ 投稿日:2017/03/19 13:59:05 ID:CAP_USER.net
佐藤昌司です。回転寿司店「くら寿司」を運営する、くらコーポレーションは3月3日、2016年11月~17年1月期の連結決算は売上高が前年比7.3%増の301億円、本業のもうけを示す営業利益が23.1%減の14億円(前年は18億円)と発表しました。営業利益が大幅に減少しました。
売上高が増加した要因は、「極上とろとかにフェア」「極上かにフェア」「極上ふぐフェア」「熟成まぐろフェア」を開催し、それぞれが好評だったことが挙げられます。
また、新発売した「牛丼」やラーメンの「胡麻香る担々麺」、天ぷらの「特撰海老マヨ」、杏仁豆腐の「完熟マンゴー杏仁」といった「サイドメニュー」が好調だったことも大きく寄与しました。
売上高は増加しましたが、営業利益は4億円以上が減少しました。同社は営業利益が減少した理由として、新規出店の増加、改装店舗の増加、新商品の販売促進費の増加、施設の建設といった一次的な費用が増加したことを挙げています。
一方、2017年3月4日付日本経済新聞は「最低賃金の引き上げに伴って1億8,000万円の負担が生じ、パート従業員の厚生年金保険への加入義務化も1億2,000万円のコスト増要因となった」と報じ、人件費の増加が主な要因と指摘しています。

続きはソース
c?ro=1&act=rss&output=no&id=4543742&name
   うまいもんアンテナトップページへ
食べ物・グルメの話題が沢山。