ウィダーinゼリー、新パッケージで売上激減 → 元に戻して売上復活!

1pt   2017-07-15 17:00
おいしいお

1 名前:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ [DE] 投稿日:2017/07/15 15:41:00 ID:qdQfagXf0
ウイダーinゼリー、「奇跡的巻き返し」の裏側
リニューアル「失敗」から得た教訓とは?

旧パッケージ
39a28bc0.jpg


中身は一緒で表記をカロリーベースに変更 売上激減!
(デザイナーの佐藤可士和氏によるプロデュース)
8597eb7a.jpg


元に戻す 売上復活!
c29ab33b.png



「10秒チャージ、2時間キープ」――。

1999年、SMAP木村拓哉のCMをきっかけに、大ヒット商品となった「ウイダーinゼリー」が今、
森永製菓の好業績を牽引している。

■過去最高の売り上げと利益を記録

8月10日、森永製菓は2017年3月期の第1四半期(2016年4~6月期)決算を発表した。
売上高476億円(前年同期比7%増)、営業利益52億円(同86%増)で、第1四半期として売り上げ・利益ともに過去最高となった。この結果を受け、同社は業績予想を上方修正。 通期の売上高は1889億円(期初計画比1%増)、営業利益は143億円(同24%増)となる見通しだ。

アイスの「チョコモナカジャンボ」やチョコレートの「ダース」など、好採算の主力品が販売好調だった。
中でもinゼリーの売り上げは、前年同期比28%増と絶好調。CMや店頭での積極的な広告展開が奏功した。

inゼリーは、エネルギーやビタミンを片手で手軽に摂取できるゼリー飲料だ。1994年の発売当時、市場に競合品は見当たらず、ゼリー飲料の草分け的存在だった。

5年後に冒頭のキャッチコピーが話題となり、定番品の座を獲得。2007年頃に売り上げのピークを迎えてからも、市場シェア4割程度を維持し続けた。

だが、2014年3月、発売20周年を機にリニューアルを実施すると、これが思わぬ失速につながった。

続きはソース
c?ro=1&act=rss&output=no&id=4543742&name
   うまいもんアンテナトップページへ
食べ物・グルメの話題が沢山。