三大すき焼きに入ってたらブチ切れる食材 白菜・春菊・あと一つは?

1pt   2017-07-15 22:00
おいしいお

1 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/[JP] 投稿日:2017/07/15 13:17:04 ID:e4hG2HlJ0.net
すき焼きの流儀は家の数だけある。
例えば味つけひとつとっても、東は割り下を使い、西は直接砂糖や醤油を入れる。

そのほか玉ねぎか長ねぎか問題や、白菜を入れるか入れないか論争など、さまざまな流儀や説が現代では戦わされている。

しかし情報インフラが未発達だった頃は違う。昭和初期、全国紙ですき焼きについて書かれたある記事がきっかけで、読者投稿欄で論争が巻き起こった。現代ならいかにもネットで起きそうな出来事である。

発端となったのは1932(昭和7)年10月18日付の朝日新聞東京発行版、「通人がきめたすき焼のコツ」という記事だった。

記事は「すき焼の仕方は人によつて多少変わりますが、さてどうするのが一番美味なのか、その道の通が極め付の方法とするのはかうです」(原文ママ)と、ぶっている。

続きはソース
c?ro=1&act=rss&output=no&id=4543742&name
   うまいもんアンテナトップページへ
食べ物・グルメの話題が沢山。